整形の費用や方法を理解しよう│理想GET整形マスター

二重整形をする

はっきり目元を目指す

女性

基本的に、日本を含めたアジア諸国はスタイルや容姿に関して厳しい傾向にあると言われており、スリムで綺麗な顔を求める人が多くいます。特に日本の場合であれば、目元がハッキリした欧米諸国の顔立ちに憧れを抱く人も多く、二重になりたいと感じている人が多くいます。特に男性よりも女性の方が二重を目指す傾向が強く、若い世代であれば10代から整形をすることもあります。整形の場合それなりに費用が必要ですが、最近の二重施術ではメスを利用せずに二重がつくれる方法も誕生しているので、比較的安い費用で二重が作れるようになっています。中には、クリニックで施術をせずにドラッグストアなどのアイプチなどを用いて格安で二重を作る人もいますが、毎日の手間を考えると専門のクリニックで施術をするのが良いでしょう。二重施術の中でも費用が安いと言われる治療は埋没法と呼ばれ、価格のみならずメスを利用しないので目元に手術跡が残りにくいのも特徴です。しかしながら、まぶたによってはしばらくすると元のまぶたに戻ってしまう場合もあるので注意が必要です。

メスを利用する治療

二重整形の中でも昔から利用されてきた方法が切開法と呼ばれる方法で、この施術の場合メスを用いて二重ラインを作るので一度施術をすることによって半永久的に二重の目元をつくることができます。まぶたが重く、腫れているような印象の人は、この切開法で施術をすることによってまぶたの脂肪も除去することができるので、二重ラインを作れるだけでなくスッキリとした目元にすることも可能です。埋没法に比べると施術に時間や費用がかかってしまううえ、治療を成功させるには医師の技術なので、クリニック選びはしっかり行なう必要があります。切開法の場合は、メスを利用する分施術後通常のまぶたに戻るまで少し時間がかかり、大体1週間程度と言われています。しかしながら、しっかりと目元に二重の跡を付けることができるうえ長期で二重ラインを維持できるので、少し費用はかかってもラインはしっかり付けたいという人であれば切開法の方が向いているといえます。